<< 阪大生が映画作り-イシバシ・ハンダイ映画祭のチャンネル | main | 太陽の塔はやっぱカッコイイ。花より万博 >>

京都でヤン・シュヴァンクマイエルさんに会ったよ。

チェコのアニメーション作家の巨匠ヤン・シュヴァンクマイエルさんに会いました。
yanandome

本にサインも貰ったよ!
yan_signe
ホントは家にある「アリス」とか「ファウスト」のポスターにして欲しいくらいなんだけど。
もう贅沢いいません。

京都の伝統的木版画を今に伝える
竹笹堂さんがヤン・シュヴァンクマイエルとコラボして
お化け?の絵の木版画を制作中との情報を見つけて
久々にヤン・シュヴァンク熱が高まっていたときに、
最新作『サヴァイヴィング ライフ −夢は第二の人生』がもうすぐ上映されると知りました。

どうやら第3回恵比寿映像祭 デイドリーム ビリーバー!!で先行上映してるようですし、
東京 広尾のチェコセンター東京では
ヤン・シュヴァンクマイエル展 〜 夢こそ真 〜 
もやってる。

何?この目白押しな…。

そして、2月22日にUstream「DOMMUNE」で
「シュヴァンクマイエル解体新書 第一章」としてトークもあった。
すると、「京都で木版画を作ってもらっている、明日は京都だ」という話が出た。

「これはもしかして…」と思いつつ確かな情報がないので
淡い期待をしながらともかく竹笹堂さんいくことにした。

12:00に到着するも営業は13:00からだったので
お店は閉まってました。
仕方なく、近くにあるCOCON烏丸の京都精華大学のアートショップで時間を潰していると
なんと、ヤン・シュヴァンクマイエルさんがお店に入って来てきた!!

「DOMMUNE」の配信で「素晴しい通訳だ!」とツイートで絶賛されていた
通訳のペトル・ホリーさんもいた!
(実はホリーさんの存在で隣にいるのはヤンさんだ!と確証が持てたのですが)

「ドブリージェン」とつたないチェコ語で挨拶しつつヤン・シュヴァンクマイエルさんと握手、
そしてサインも貰うことができた。
しかもホリーさんの「写真は?」というナイスパスで一緒に写真も!
(トップの写真です)

ほんと突然の申し出にも笑顔のヤンさんでした。
あと通訳のホリーさんも優しかったです。
東京来くるときは連絡下さいと名刺ももらえました。^_^。←みんなこんな感じ

夢のような出来事でした。
もう映画見るしか無いね。ほんと。
観るつもりだったけどね。

シュヴァンクマイエル日本サイト
http://www.svankmajerjp.com/


作品は全部面白い。シュールで奇妙で可愛らしさもあって。
Blue-rayででてないのかナ…?





at 15:38, 浅井カズヒロ, 日記

comments(0), -, pookmark

comment